| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「コースデータ・説明②」

こんにちは(^u^)

久しぶりに更新させて頂きます!

最近、使い出した「コースデータ
2週程使ってみて、何となく掴めてきたので
少し改良して、完成させてみました!

1.jpg

データ集計期間は、阪神競馬場のコース改修にあわせて
2007年から現在までの3年間
新馬戦を除く、143,554頭分のデータです
検索条件としては、「コース」が基本になりますので
上の「ニューイヤーS」でいえば、「中山・芝・1600m」での
脚質・枠番等の有利不利を表すデータになります

説明①でも書きましたが、入着率は3着以内
例えば、逃げ馬なら出走した逃げ馬すべてに対して
3着以内に何頭入ったか?、という割合です
3着以内の馬のみを集計して、逃げ馬が何頭いたか?
という割合では無いです

では、詳細を・・・

左上、【 脚質 】条件別入着率データ
前回と同じです

右上、【 脚質+枠番 】条件別入着率データ
前回、この場所には「枠番」のみの集計データを載せていましたが
あまり使えなかったので、脚質をプラス条件したデータに変えました
まぁ、これもザックリした傾向が見れる程度だとは思いますが(^_^;)

で、その下 【 脚質+枠番+人気 】条件別入着率データ ≪ 総合データ ≫
一応、これがメインのデータです
内容は、前回のものと同じです

左下には、各競走馬の簡単な情報なんかを載せています
上から馬番順に、性別・年齢・斤量・騎手・臨戦過程・など
騎手名の横の "*" は乗り替わり
間隔は「週」単位 で、"+" は休養明け
"=" は連闘を表しています
脚質①は、当該レースでの予測脚質
脚質②は、展開面・騎手によっては戦術が変わる事もありますので
一応、予備データとして入力しています
人気については、前日などデータを落すタイミングによって
予測人気になる場合もあると思います
最終的には、レース直前のものを使いたいですが・・・

最後に、右下

4.jpg

左側の表は、各競走馬を人気順に並べ替えたものです
私は、人気を区切って馬を選ぶ事が多いので
単に、自分が見やすいように表示しただけです

左から、乗り替わり・臨戦状況のチェックマークのみを表示
次に、脚質①の場合のメインデータの確率を表示
隣接枠入着率」は、枠番というピンポイントでの
データ結果を集計していますので
周りは低確率なのに、たまたまその枠番だけよく入着していた
という事も母数の少ない条件などではある事でしょうから
例えば、5番枠だったら4・6番と両隣りのデータの平均値を表示させています
大外・最内は、単に17番・2番のデータになります

右側の表は、各人気範囲の傾向です
簡単に言うと、例えばC範囲の確率が高ければ荒れるレースが多いのでは?
といった感じのものです
逆に、C範囲が低確率ならAとB範囲の馬だけで勝負すれば
買い目もかなり減らせますしね(^.^)
脚質も条件に入れていますので
上の表でいえば、人気A範囲の逃げ馬が71%と高確率ですから
枠的に問題なければ軸にしてみたりと
色々応用出来るのではないかと思います

という事で、チンタラと説明させて頂きましたが
私はこうゆうのを作るのが好きなだけで
馬券に結び付くのかというのは・・・
別問題なんですよね、これが。。。(^v^;)
作っといてなんですが、展開・適性など他に
考えないといけない事はいっぱいありますからね~

でもまぁ、これを基盤に少しの間楽しんでみたいと思います
ではでは、皆さん今週もご健闘を~(*^^)v
スポンサーサイト

|   確率データ | 00:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「コースデータ・説明①」

せっかく作ったので、少し説明させて下さい(^_^;)

s1.jpg

とりあえず、これは何かと言いますと
脚質」と「枠番」を条件として
各コース毎に過去データを集計した単なる統計データです

各パーセントは3着以内
つまり入着率を表します

例えば、中山・芝2500mを過去に走った逃げ馬は○○頭
その内、馬券に絡んだ馬は○○頭いました
という形です
入着馬だけを対象にした割合ではなく
逃げ馬なら、走った逃げ馬全頭に対しての割合です

では、具体的に

s2.jpg

これは、脚質だけを条件に集計した結果です↑
「総合」は、何も条件付けしないで集計したデータです
その下は、各条件を加えて集計した結果になります
例えば、未勝利戦なら
逃げと先行が50%越え
差し・追込みが13%と0%と
かなり極端な結果です
後ろからの馬は、軽視出来るのでは?
という感じ

s3.jpg

次に、枠番のみを集計したデータがこれです↑
クラス条件は、省いてますが
見方は、脚質データと同様です

s4.jpg

で、これがメインのデータです
脚質枠番人気の3つの混合条件で集計したデータになります

人気Aは1~3人気、人気Bは4~7人気、人気Cは8人気以降を意味します
「○番枠に○番人気の脚質が○○の馬が入った場合
こうゆう確率で入着してましたよ」
という確率です

33%以上の入着率は青表示
66%以上の入着率は赤表示になるようにしています

使い方としては
パッと見た感じで内枠有利はわかる所ですが
人気Cの5番枠辺りまでに青表示が3つありますので
穴を狙うなら、5番枠までぐらいの先行もしくは差し馬
なんかが面白いかもね、といった具合です

今回は、ここら辺で・・・

このデータですが、展開・適性なんかは全く無視ですので
各コースの傾向を何となく知る程度・・・
あくまで「参考程度」のものですのでご了承を(^_^;)
投資術に関係するようなデータではありませんが
予想競馬の方で、活用していこうと思っています

何か、思い付けばどんどんバージョンアップしていきたいと思います
使えなければボツにしますけどね~(*^^)

予想競馬の方は、このように自作のデータを使ったり
オリジナルの馬の選択方法を考えたりしながら
楽しむ」というのが私のスタンスなので
結構、コロコロと予想方法が変わります(^_^;)

また、色々やるとは思いますが
ホドホドにお付き合い下さいませ~(*^^)v

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます(^u^)

|   確率データ | 00:41 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「コースデータ」

作ってみました~(^v^)

金杯
(期間は2007年から現在までの3年分、使用データ数は新馬を除く143,554頭分です)

前々から、何かデータをアップ出来ればと言っておりましたので
時間のある内にと各コースの
枠・脚質をベースにした確率データを作ってみました!

といっても、作り出してまだ数時間・・・
だいぶザックリです!
さらに、内容も単純です(^_^;)

枠や脚質のデータなんかは
何処でも見ることが出来ると思いますので
この枠に、これぐらいの能力の、こんな脚質の馬が入った場合
といった具合に、重複条件で確率を出してみました

人気・枠番・脚質」の合成確率がメインですが
最終的には馬場・クラス条件などの補正を行えればと思います

ただ、あくまで簡易データであって
ちょっとした有利不利を知る為のものだと思っております
私的には、「人気の範囲分け」をベースに
これを使って馬の選択の参考に出来れば、という程度です(^u^)

単純なものですが
見ても解りにくいと思われますので
追々、記事にのネタにでもして行きたいと思います

ではでは、早速「金杯」で試してみよう(*^^)

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます(^u^)

|   確率データ | 06:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「レースデータ」

前回記事の補足も含めまして
「レースデータ」について書いてみたいと思います

「連勝データ」の中で、7頭BOXで1.3倍を作れないから
買い目を削って、オッズを作ると書きましたが
当然なんですが、買い目を削ると的中率もその分下がります
的中率が下がると、また作成したいオッズが上がります
永遠に続いて、買うのや~めた!ってなります(゜-゜)

ですので、最後に言いました「工夫」が大事になってくるんですが
今回は、その中のひとつ「レース選び」について少し・・・
購入レースを選定するなんて当然だろ、と言われるかと思いますが(^_^;)



結局のところ、何がしたいかと言いますと
「7人気BOXで的中率76%=1.3倍以上」
という設定を狙っている訳ですので、この設定は固定します
で、オッズが作れない代わりに
確率の高いレースを選ぶことで(上記データ連勝7人気以内決着確率)
的中率を上げて、作成オッズを下げる(82%まで上がれば1.2倍でOK)
もしくは、いらないと思う馬がいれば買い目を減らして
それにより下がった的中率を、同じく高確率のレースを選ぶことで
確率の補填をするという感じです

正確な話になると、設定自体を崩している訳で
同設定で買い続ける事に意味があるデータとも思いますし
あまり良い方法とは思いませんが・・・
突き詰め過ぎてもどうなのよ、って感じで(・_・;)

で、この場合
馬を削っちゃう方が、オッズが跳ね上がって良いんですよね~
やはり低配当より高配当なんで、私(^ム^)
それでいつも削りすぎちゃうんですよね~
・・・強欲

上記のデータは単勝オッズ10倍以下・30倍以下の頭数で
レースをパターン化していますが
最近は10倍以下と50倍以下で作成中です
10倍以下の入着率45%程に比べ
10倍以上は15%程まで落ち込みます
20倍台も10%無いぐらいだったと思います
50倍以上は消しでも良いぐらいの確率なんで
実質、馬券に絡む確率のある頭数(50倍以下)
その中でも有力な馬の頭数(10倍以下)という条件で
レースの統計をとっています

というか、例えばの話で記事書いてたんですが
オモシロくなって来たんで
今週は馬連で勝負しよっかなぁ~、とか思ったり(^J^)

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます(^u^)

|   確率データ | 14:27 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「連勝データ」

この土日、あまりに不調でしたので
何か新しい投資方法はないかなぁ~
なんて考えてみたんですけど・・・

無いですね(゜-゜)

ただ、連勝馬券(馬連)について少し考えてみたんで
ちょっと一例挙げてみたいと思います

連勝範囲 【2008年から現時点までの検索結果】

上のデータは、1人気から○○人気までを
BOX買いした時の的中確率です
人によって、もしくは投資法によって確率の捉え方は違うと思いますが
例えば私の場合
7人気までを購入対象にして、投資方法を考えてみようか?という感じ
「選択肢は少なくしたい、けど確率は高い方が良い」という考えです

連対率 【2008年から現時点までの検索結果】
 
次に、対象にした7人気までの連対確率です
注目してしまうのが、1人気の50%という高連対率
1人気を買わないと2回に1回ハズレます
ただ逆に言えば、2回に1回は馬券に絡まない訳で
1人気を重要視するとすれば
例えば1人気を買い目に組み込む投資法
または買い目に入れない投資法など
この時点でも、色々と投資方法を展開できると思います

とりあえず、7頭すべて購入するとして
どれだけの配当があれば、プラスにできるのかというと

「 回収率100% ÷ 的中率76% ≒ 1.3 」

合成オッズが1.3倍以上あれば、必ず儲けが出る計算です!
が、あくまで計算上です
実際、全レース購入する訳ではないですし
レースを選べば確率は変動します

それから7頭BOXで、1.3倍はほぼ作れないと思います
控除分もありますし、当然ですが上手く出来ています(T_T)

結局は、いつもここなんですよ「オッズと的中率の関係」!
プラスになるように出来ていない訳で
この例の場合、7頭中から何頭か消す
もしくは軸を数頭選ぶなどして、買い目を減らさないと
オッズを作れないんですよ!
で、私はいつも選ぶ馬を間違えて発狂しているわけですよっ\(゜ロ\)

ただ、このような確率データを使って
一工夫入れれば必ず投資は成功するとも感じています
今のように不調な時もありますが
かなり儲かった時もありましたので
いつも調子に乗って失敗しますが・・・(゜-゜)

まぁ、投資方法に欠点があるから失敗する訳で
どうにか安定した投資が出来る方法がないか
これからも研究していこうと思っております(^_^;)

人気ブログランキングへ  応援ありがとうございます(^u^)

|   確率データ | 17:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。