| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「データ解析予想・補足」

こんばんは~(^u^)

ちょっと暇なので
最近やってる「データ解析予想」について
少し補足っぽい事を書いてみようかなと・・・


ではでは、余談もいれつつ(^_^;)


元々、私は超アナログ派でして
データ含め、人気なんかもあてになんねぇよっ
ってな感じのタイプでした

予想の際には、出走各馬の過去レース映像を見て
展開や適性を読んだり
騎手はもちろん、調教・血統・ローテーション
輸送の影響まで注意して予想してました

実際、このスタイルでも年間プラスに出来ましたし
デカイ馬券もちょこちょこ獲れてたんですよね

だから、そのままでも別に競馬は
楽しめたと思うんですけど

何か不安定・・・

基本的に、あまり努力が得意ではないですし
結局、中途半端な予想になっていたんだと思いますが

展開も読み通りには、まず行きませんし
ハズレ出すと恐ろしいほど連敗はするし
何か、デカイ一発待ちみたいな感じで
予想については、物足りなさを感じてました

やはり負けが込むと不安になりますし
そんなお金持ちじゃないですからね~(^_^;)
コンスタントに的中は拾いたいですし
何かもっと安定した予想方法が欲しかったんですよね~

そんな感じで、コンスタントにとか
戦略的になんて考えてたら
知らぬうちに、データや人気に頼るような
スタイルになってました(^_^;)

とは言っても、基本的にアナログ視点で
見れないと競馬なんて勝てないと思ってはいます

で、「データ解析予想」

説明の記事を見てもらうと
該当コースで好走しそうなパターンで
走る馬を見つけ出す!!みたいな
適性判断色が強いと思うんですが

はっきり言って、毎回毎回
馬の走るポジションなんて変わりますし
競馬場によっても末脚の切れなんかも
当然変わってきます
つまり、たいしてアテにならないとも
言えるデータです

じゃあ、何でやってんのという話で

まぁ、こうして「1B」やら「4S」てな感じで
過去走データを並べてみると
その馬の特徴は掴み易いという所はあります

競馬場によっても明らかに癖はありますし
確実にアテになるとは思っていませんが
参考にはしています

普通に予想しても、思ったような展開にはなりませんから
機械的に出したパターンで走るだろうと
決めつけて予想をした方が
予想が安定するという考え方です

良い方法だと思ってる訳じゃないんですけどね

で、このデータ
「適性」を測る為でもありますが
私的には「能力」を解り易く見る為と考えています

例えば、解り易い例でいくと
参考

「1A」で走る馬は入着率66%
「2S」で走る馬は入着率65%
とほぼ同じ確率です

で、「1A」で走る馬
ポジションがもし「2」だったら
下げてる分、脚がたまって「S」の末脚が出せるんじゃないか?
とも考えられません?

結局は、同じような確率に
パターンが変わっても同じような
パーセンテージが付くんじゃないかな?と

「1C」の馬も「3」まで下げてれば
「A」ぐらいの上りが使えるのでは?みたいな

実際、過去走のパターンがバラバラでも
大体同じような確率傾向はあります

データでは過去5走を対象にしていますが
強い馬には高確率が並びますし
弱い馬には0%がいっぱい並ぶと
単純に見た目で解り易く出て来ます

当然、競走馬には能力を発揮しやすい
パターンがありますし
単純にポジション下げれば上りが速くなる
とは言えませんが
大体は、同じようなパターンになってますし
そこら辺の確認は必要だと言う事で
アナログ的に注意して確認して補正もします

結局は、自分の目が必要なんですが
自動計算でデータを出す事で
数値としては一冠した値で比較できる
自分は確認作業を行うだけ
といった感じでやってます

ちなみに
予想が短縮できるというのも良い所
単純に、自分で作ったファイルで
結果が出ると嬉しいというのもあります(*^^)

結果としても今のところ
ぶっちゃけ満足してますので
収支が安定してくれば嬉しいな~
なんて・・・(^_^;)

しかしながら
出走メンバーで展開なんていくらでも変わるでしょうし
馬場のバイアスなんてのも影響大きいですし
競馬長くやってる人なら
データだけで勝てるなら苦労は無いと思っちゃいますよね
自分でもやってて思います(^_^;)

ただ、やり出したからには後に引けない感じでして
今後はそこら辺の事も考えつつ
データを使って予想して行ければなと・・・

意地ですな(^_^;)



・・・

お酒飲みながら書いてたんですが
眠くなって来ました~(-。-)y-゜゜゜

なんか上手く思ってる事書けませんでしたが
今日はこの辺で・・・

おやすみなさい~♪

スポンサーサイト

|  「データ解析予想」説明書 | 02:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「データ解析予想」説明書

最近、予想に使っている自作ファイル

「データ解析予想」

せっかく作ったんで記事にしてみたいと思います(^_^)/

全画面

「シュミレーション予想」として
使っていたデータを引き続きメインにしているんですが
改めて、説明していきますと・・・

①各競走馬の最終コーナーでのポジション
②上がり3ハロンの末脚の評価

この2点に注目してデータを取ってみました

目的としては、入着率(3着以内)を出す事なんですが
まず、競走馬をタイプ分けしていきます

最終コーナーでのポジション
先頭から最後尾までを4分割して
「1」から「4」のタイプに分けます
単純に「コーナーでの順番/出走頭数」にしていますので
出走頭数16頭で、先頭から4番目以内にいれば
「1」という評価にしています

次に末脚の評価ですが
同じく4分割で「S」から「C」
「上がり3F順/出走頭数」で計算
上がりタイムが、速いほうから「S」になります

この2つを合わせて、タイプを「1B」とか「3S」
のように合計16タイプに分けます

データの検索条件としては、コースが基準です
「阪神」の「芝」の「1600m」なら
どのタイプがどれぐらいの入着率なのか?
という考え方です

使用した過去データは、2007年~2010年
中京競馬場は除き、新馬戦・障害戦も省いた
132,275頭分です

タイプの分け方は、いいかげんと言いますか
ザックリした方法ではありますが
買い方的に(後述します)ちょっとした優劣を
付けられればOKですので、これぐらいのデータの取り方で
良いと思ってます

あまり緻密・詳細なデータにしすぎるのも
意味がないと経験上感じてはいますしね(^_^;)

では、具体的に
タイプ確率

はじめに、見るのがこの表です
上記したタイプ別の入着率を表記したものです

この場合「阪神・芝1800m」での話になります

「タイプ別・入着確率」は
阪神・芝1800mを走った全競走馬を対象に
データを取っています

基本的に表の左上(1S)に行くほど
当然ですが確率は良いです

ただ、コースによってはポジション「1」なら
「B」の末脚でも高入着率の場合も
また、末脚が「S」ならポジションは「4」でもOK
なんてコースもあります

まぁ、それがないとデータ取る意味ないですが・・・

次に、「タイプ別・入着確率(条件追加)」
これは、「タイプ別・入着確率」を
開催日・馬場状態・クラスの条件を加えて
絞り込み検索したデータになります

最後に、「タイプ別・入着確率(標準差)」
これは、コースに関係なく全データで検索した
各タイプの入着率と、今回の検索結果との差を表したものです

上記の表で言えば、「3S」+20%・「4S」+10%と
末脚の早い馬が標準より多く入着しているコースだと言えます
ポジションよりも末脚を重視した予想をすべきコースかな?
といったような傾向を掴む為のものです

で、次に見るのがこれ
タイプ

今回出走馬の過去5走についてタイプ分けを行い
今回の入着率を当てはめたものです

例えば、6番の馬はすべて70%超えと
過去の5走については、このコースに合った展開の走り方を
してきている事が解ります

ここでは、単純に数値をみて評価を右端の欄に表記します
(良い「A]→「E」悪い 5段階を用意)

で、次にコレ
過去

「タイプ指数データ」で評価は一旦しましたが
例えば、「1S」の高確率があったとしても
下級クラスでのパフォーマンスであった場合
今回クラスが上がれば同じ「1S]の走りが出来るのか?
また、低確率なパフォーマンスがあっても
それは休み明け、もしくは不利があったものかも
苦手なコース・馬場でのパフォーマンスなんてのも考えられます

ここら辺の、データで見れないところを
次にチェックして行きます

とりあえず、上の表の過去走の欄には
「コース」、その横に「着順」
「クラス」、横に「馬場状態」、横に「前走間隔」
を記載しています
データが載せきれないので、新聞なんかも確認しますが・・・

それから、もう一つ確認
過去タイプ

過去走のタイプについて、詳細な値を表記した表です

こちらも考慮して、最終的なタイプについての
評価をします

そして、次
タイム

これは、過去5走の走破時計を基準にした値を表記したものです

時計の数値化には過去、失敗しておりますので(^_^;)
これは、別競馬ソフトの補正タイムを引用しています

これで、各競走馬の走ったレースレベルも解りますし
タイプ評価の確認も行えます

ここでも、タイム値についてのみの評価をしておきます

で、いよいよ最後
人気

単勝人気順に並べた表になります

ここで、タイプ評価・タイム評価に加えて
「調教」と書いていますが
適性・騎手・斤量なども合わせたアナログ評価を
付けくわえて予想部分は完了です

次に、購入馬券について考えていきます

上記の表に、赤・青・緑の線を引いていますが
単勝人気1~3・4~7・8~13で区切っています

各範囲から評価の高い馬を2頭ずつ選びます
合計6頭が購入対象の馬になります

何度か書いていますが、3連馬券で
7番人気までの4頭BOX
8番人気以降の2頭の
各1頭軸から7人気までの4頭流し

赤1・赤2・青1・青2(3連複or3連単:4頭BOX)

緑1-赤1・赤2・青1・青2
緑2-赤1・赤2・青1・青2(3連複:1頭軸4頭流し)

が基本になります

で、さらに

まだ、打ち込みデータの数が少なくて使えないんですが
オッズの配列からパターンを読んで
購入パターンを変化させれるようにしています

オッズ

購入参考

検索条件は、1人気オッズ・10倍・20倍・50倍以下の頭数
以上の4条件です

パターンの「A」は、3人気以下
パターンの「B」は、4人気以上とすると

この場合の3連馬券の入着パターンは
A-A-A・A-A-B・A-B-B・B-B-B
の4パターンに分けれます

「パターン別確率データ」は
上記の各パターンの決着確率を表します
「比較」は全データ検索との差です

これを見て、例えば「A-A-B」のパターンが高確率なら
赤1・赤2の2頭軸で
青1・2、緑1・2への4頭流し
3連複なら、合計4点買いに出来ます・・・といった感じ

「人気範囲別確率データ」は

「A」・・・1~3人気
「B」・・・4~7人気
「C」・・・8人気以降としています

入着率は、各範囲1頭でも3着以内に入る確率

占拠率は、3着以内入った割合
例えば、3レースで3着以内に入る馬は9頭
その中で各範囲の馬がどれだけ占めているのかという値

重複率は、各範囲の馬が2頭以上入る確率

このデータの応用例は
「入着率」で、「C」範囲が低確率の場合
緑1・2の馬は買わず
4頭のみで馬券を作るなどなど・・・

「購入パターン参考データ」は
上記のようなオッズから限定できる購入パターンを
一目で解るように表示しています


以上

今回はガチガチにデータで勝負!!
といった感じで無くアナログ要素も多くしています
データもそこまで凝ったものは有りません

収支の方が、どうなるか解りませんが
とりあえず、試し試し遊んでみたいと思います~(*^^)

|  「データ解析予想」説明書 | 03:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。