| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ラップ分析予想」説明書

ラップ予想に使うデータについて書いてみます

1_20110905024407.jpg

使うのはこれだけ

簡単なところから説明させてもらいますと

2_20110905024848.jpg

この部分は、左上から

①今回のレース条件の平均ラップです

 データは過去4年分の全レースが検索対象です
 条件は、競馬場・芝ダート・距離・年齢制限・クラス
 を条件として検索しています(全て良馬場条件の値です)

 ラップは3分割表示で、前3F-?F-後3Fと表示します
 1200mなら、3F-0F-3Fになりますので
 中盤のラップは0秒となります

 「A-3F」はスタートから残り3Fまでの3F平均ラップ

 「入着線」は2~5着馬の走破時計の平均
 だいたい3着と4着の間の時計という事になりますから
 馬券に絡むラインの走破時計と考えられます

②クラス別平均ラップ

 古馬混合戦での検索結果です
 クラス間の比較に使います

③年齢別平均ラップ

 2歳戦・3歳戦の年齢限定での検索結果

④開催別平均ラップ

 冬場など不凍液の影響などもあり
 結構、時計に差が出て来ますので参考程度に表示

⑤馬場状態別平均ラップ

 馬場状態を条件に検索 
 ここ以外は、全て良馬場条件での検索結果です

⑥出走馬の簡易情報
 
 過去5走分の補助データです
 
 左が第一コーナーでのポジション順位
 右が上がり3Fの順位

 どんなタイプの馬か、参考程度に見てます

一応、説明かきましたが
この部分はあまり見る事ないです(^_^;)

次に

3_20110905033152.jpg

白○部分は

 今回のレース条件を選択するところ

赤○部分は
 
 まず、青に白字部分は
 今回条件でのラップを表示
 先程説明した①の部分と同じです

 その下は、この条件の過去連対馬のデータになります
 連対馬のみを対象に検索を掛けています

 「初角1」「上りS」は
 第一コーナーで先頭から1/4以内につけていた馬の割合と
 上がり3F順位が速い方から1/4以内だった馬の割合です

 「A-3F」「1A-3F」は
 全連対馬のスタートから残り3Fまでの3F平均ラップと
 第一コーナーで先頭から1/4以内につけていた馬のみを
 対象にした場合の3F平均ラップ
 
 「上り」「前上り」「後上り」は
 全連対馬の上がり3Fの平均ラップと
 最終コーナーで隊列の真ん中より前に居た馬の上がり3F平均と
 真ん中より後ろに居た馬の上がり3F平均です

 PT傾向は
 数字の方は、第一コーナーでのポジションを表します
 隊列を4分割して前から1/4なら「1」
 後ろから1/4なら「4」です
 各ポジションにつけていた連対馬の頭数です

 アルファベットの方は、上がり3F順位を4分割
 早い方から「S」です
 上がり順位がどれくらいの馬がどれくらい居たのかを表示します

黄○部分は

 他条件の平均ラップを見たい時に使います
 
 【1】の同条件検索は、他場所・他距離を選んでも
 限定とクラスだけは、今回条件と同じ条件で
 検索結果を出すようにしています

ここでは、コースの傾向を知る為に
ラップ推移や連対馬のデータを合わせて
見て行く事が多いです

で、最後

4_20110905041533.jpg

一番大事な部分です

さっきの画像の白○の横の
検索・01番てところで番号を選択すると
各馬毎に(1頭分)データがここに表示されます

左上に、名前・騎手名などの簡易情報

その下が過去走データです
上から順に1~5走前のデータ

白○部分
 
 簡易情報です
 「TP」というのはタイム指数
 表示の仕方は違いますが
 データ解析で使っていたのと同じものです
 あまり気にしてませんが(^_^;)

赤○部分

 「CR」:該当コースの平均コースラップ
 「RR」:レースラップ
 「SR」:自己ラップ

 「SR」だけは
 左からコーナー通過順位と上がり3Fラップのみを表示
 前・中盤のラップはデータが無いだけです

 ラップ解析欄の「Fr」は前傾・「Br」は後傾の意味
 横の数値は、「A-3F」と「上がり3F」との差です
 
 ここがデータとしては一番重要部分
 各ラップを見比べながら
 色んな事を探っていきます

 どういう適性がありそうだとか 
 スタミナがありそう、末が甘い、先行力がありそうなどなど
 能力を比較する場合には
 前・中盤が厳しく流れたラップで好走した馬を
 評価する事が多かったりします

黄○部分

 項目として「補正時計」とかがありますが
 ここでは、各過去走の馬場補正を行っています

 開催日毎で、時計が掛かったり早くなったりしますから
 時計は補正してやらないと、全く意味がありません

 凄く面倒なんですけど、開催日毎の他のレースなどもチェックして
 その日は時計をどれくらい+-すればいいか
 データベースに手打ちしてます
 
 画像から例を上げますと
 アイティゴールドの1走前
 走破時計は114.3秒ですが

 この日は、平均時計より0.7秒ほど
 時計が速く出ていたので、馬場差がなければ115.0程の価値
 「着線」(入着線)は115.9なので
 走破時計としては、十分馬券圏内かな?といった感じ

 (この補正値は、ダート中距離専用の値です)

緑○部分
 
 該当条件での連対馬データ
 (1つ前の画像で説明した赤○部分と項目は同じ)

橙○部分

 自分なりの該当コースの寸評

 「SC」というのは
 今回条件の「限定」「クラス」の場合のラップデータです
 
 500万下の予想してるのに
 過去走が未勝利の場合なんかは
 ここに500万下ならこのラップみたいに表示されます

 いちいち検索して調べるのが面倒なんで表示しました


以上


予想をする際には
このデータを見ながらレース映像を合わせて見ます

ラップから推測される馬の特徴と
実際にどんな走法をしているのかを見て
推測と走法がマッチしているか確認しています


馬の特徴が断定できれば
後は早いんですけどね~(^_^;)

まぁ、時間掛かりますよ・・・


で、ラップと言いますと
ホントは1F毎のラップもチェックすべきなんでしょうが
そこまでは時間的にもまず無理だという事でやってません

きっと、そこまで収支が変わるとも思わないので・・・(^_^;)


ではでは、打ち疲れましたので
この辺で・・・

使用ラップデータの紹介でした~!!
スポンサーサイト

|  「ラップ分析予想」説明書 | 05:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。