PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「データ解析予想」説明書

最近、予想に使っている自作ファイル

「データ解析予想」

せっかく作ったんで記事にしてみたいと思います(^_^)/

全画面

「シュミレーション予想」として
使っていたデータを引き続きメインにしているんですが
改めて、説明していきますと・・・

①各競走馬の最終コーナーでのポジション
②上がり3ハロンの末脚の評価

この2点に注目してデータを取ってみました

目的としては、入着率(3着以内)を出す事なんですが
まず、競走馬をタイプ分けしていきます

最終コーナーでのポジション
先頭から最後尾までを4分割して
「1」から「4」のタイプに分けます
単純に「コーナーでの順番/出走頭数」にしていますので
出走頭数16頭で、先頭から4番目以内にいれば
「1」という評価にしています

次に末脚の評価ですが
同じく4分割で「S」から「C」
「上がり3F順/出走頭数」で計算
上がりタイムが、速いほうから「S」になります

この2つを合わせて、タイプを「1B」とか「3S」
のように合計16タイプに分けます

データの検索条件としては、コースが基準です
「阪神」の「芝」の「1600m」なら
どのタイプがどれぐらいの入着率なのか?
という考え方です

使用した過去データは、2007年~2010年
中京競馬場は除き、新馬戦・障害戦も省いた
132,275頭分です

タイプの分け方は、いいかげんと言いますか
ザックリした方法ではありますが
買い方的に(後述します)ちょっとした優劣を
付けられればOKですので、これぐらいのデータの取り方で
良いと思ってます

あまり緻密・詳細なデータにしすぎるのも
意味がないと経験上感じてはいますしね(^_^;)

では、具体的に
タイプ確率

はじめに、見るのがこの表です
上記したタイプ別の入着率を表記したものです

この場合「阪神・芝1800m」での話になります

「タイプ別・入着確率」は
阪神・芝1800mを走った全競走馬を対象に
データを取っています

基本的に表の左上(1S)に行くほど
当然ですが確率は良いです

ただ、コースによってはポジション「1」なら
「B」の末脚でも高入着率の場合も
また、末脚が「S」ならポジションは「4」でもOK
なんてコースもあります

まぁ、それがないとデータ取る意味ないですが・・・

次に、「タイプ別・入着確率(条件追加)」
これは、「タイプ別・入着確率」を
開催日・馬場状態・クラスの条件を加えて
絞り込み検索したデータになります

最後に、「タイプ別・入着確率(標準差)」
これは、コースに関係なく全データで検索した
各タイプの入着率と、今回の検索結果との差を表したものです

上記の表で言えば、「3S」+20%・「4S」+10%と
末脚の早い馬が標準より多く入着しているコースだと言えます
ポジションよりも末脚を重視した予想をすべきコースかな?
といったような傾向を掴む為のものです

で、次に見るのがこれ
タイプ

今回出走馬の過去5走についてタイプ分けを行い
今回の入着率を当てはめたものです

例えば、6番の馬はすべて70%超えと
過去の5走については、このコースに合った展開の走り方を
してきている事が解ります

ここでは、単純に数値をみて評価を右端の欄に表記します
(良い「A]→「E」悪い 5段階を用意)

で、次にコレ
過去

「タイプ指数データ」で評価は一旦しましたが
例えば、「1S」の高確率があったとしても
下級クラスでのパフォーマンスであった場合
今回クラスが上がれば同じ「1S]の走りが出来るのか?
また、低確率なパフォーマンスがあっても
それは休み明け、もしくは不利があったものかも
苦手なコース・馬場でのパフォーマンスなんてのも考えられます

ここら辺の、データで見れないところを
次にチェックして行きます

とりあえず、上の表の過去走の欄には
「コース」、その横に「着順」
「クラス」、横に「馬場状態」、横に「前走間隔」
を記載しています
データが載せきれないので、新聞なんかも確認しますが・・・

それから、もう一つ確認
過去タイプ

過去走のタイプについて、詳細な値を表記した表です

こちらも考慮して、最終的なタイプについての
評価をします

そして、次
タイム

これは、過去5走の走破時計を基準にした値を表記したものです

時計の数値化には過去、失敗しておりますので(^_^;)
これは、別競馬ソフトの補正タイムを引用しています

これで、各競走馬の走ったレースレベルも解りますし
タイプ評価の確認も行えます

ここでも、タイム値についてのみの評価をしておきます

で、いよいよ最後
人気

単勝人気順に並べた表になります

ここで、タイプ評価・タイム評価に加えて
「調教」と書いていますが
適性・騎手・斤量なども合わせたアナログ評価を
付けくわえて予想部分は完了です

次に、購入馬券について考えていきます

上記の表に、赤・青・緑の線を引いていますが
単勝人気1~3・4~7・8~13で区切っています

各範囲から評価の高い馬を2頭ずつ選びます
合計6頭が購入対象の馬になります

何度か書いていますが、3連馬券で
7番人気までの4頭BOX
8番人気以降の2頭の
各1頭軸から7人気までの4頭流し

赤1・赤2・青1・青2(3連複or3連単:4頭BOX)

緑1-赤1・赤2・青1・青2
緑2-赤1・赤2・青1・青2(3連複:1頭軸4頭流し)

が基本になります

で、さらに

まだ、打ち込みデータの数が少なくて使えないんですが
オッズの配列からパターンを読んで
購入パターンを変化させれるようにしています

オッズ

購入参考

検索条件は、1人気オッズ・10倍・20倍・50倍以下の頭数
以上の4条件です

パターンの「A」は、3人気以下
パターンの「B」は、4人気以上とすると

この場合の3連馬券の入着パターンは
A-A-A・A-A-B・A-B-B・B-B-B
の4パターンに分けれます

「パターン別確率データ」は
上記の各パターンの決着確率を表します
「比較」は全データ検索との差です

これを見て、例えば「A-A-B」のパターンが高確率なら
赤1・赤2の2頭軸で
青1・2、緑1・2への4頭流し
3連複なら、合計4点買いに出来ます・・・といった感じ

「人気範囲別確率データ」は

「A」・・・1~3人気
「B」・・・4~7人気
「C」・・・8人気以降としています

入着率は、各範囲1頭でも3着以内に入る確率

占拠率は、3着以内入った割合
例えば、3レースで3着以内に入る馬は9頭
その中で各範囲の馬がどれだけ占めているのかという値

重複率は、各範囲の馬が2頭以上入る確率

このデータの応用例は
「入着率」で、「C」範囲が低確率の場合
緑1・2の馬は買わず
4頭のみで馬券を作るなどなど・・・

「購入パターン参考データ」は
上記のようなオッズから限定できる購入パターンを
一目で解るように表示しています


以上

今回はガチガチにデータで勝負!!
といった感じで無くアナログ要素も多くしています
データもそこまで凝ったものは有りません

収支の方が、どうなるか解りませんが
とりあえず、試し試し遊んでみたいと思います~(*^^)

スポンサーサイト

|  「データ解析予想」説明書 | 03:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ぽぽぽぽ~ん♪

さすがやな~
毎回感心させられるわ。
けど、今回のコレは今まで以上に手応えありじゃない!?
「データで見れないところ」という部分が、
一番苦労する部分でもあり、一番おもしろい所かな?
“アナログセンス”と言うか何と言うか。
桜花賞の予想、楽しみにしてるで~♪
またデータも見せてな★

| winα | 2011/04/07 23:34 | URL |

>winαさん

あざッス!!(^u^)

メンバーとか馬場とか考慮して
展開を考えながら予想しても
なかなかその通りになってくれないんで・・・

それなら、そのコースで好走しやすい
パターンの走りをする馬を
ピックアップした方が確率的にも当たるかなと・・・

まだ、あんま使ってないんで
なんとも言えないんですけど(^_^;)

で、私はアナログセンス無いッスからねぇ~
ここで足引張らないようにしないとです(^_^;)

・・・

とか言いながら、今のところ好調だったり(^^♪

また、競馬場行けるぐらい稼ぎたいッスね
この間の預金を返してもらわないと(^_^;)

| バッカス | 2011/04/08 01:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bacchuslp.blog9.fc2.com/tb.php/208-a04df188

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。